カテゴリー  個別指導に対して

2006年03月19日

個別指導塾への逆転発想

息子が中高一貫の私立校から、公立中学へ転学することになりました。
「あーあ、せっかく娘の中学受験が終わったのに、また高校受験生のママかぁ~」 とは思うものの、当人の決めたこと、とりあえずは応援してあげたいというのが親心です。(^^)

数学の 「中2のフォローアップ」 と 「中3の先取り学習」 とを、何とか春休みに一気に出来ないかと、とある学習塾の体験授業に先日、親子して参加しました。
中学生なのに親子で?と思われるかもしれませんが、中学受験のように親が手助けをしてあげるためではありません。
実はこの塾の授業、親も一見の価値アリ!なのです。それほど、普通の塾の数学コースとは違うのです。

うちの子たちが中学受験でお世話になったのは、2人とも同じ個別指導塾でした。
受験校というメリットもあって、学校で受験用の補習をしてくれますから、あとは個別で個性や素養に合わせてしっかりと見ていただくのが一番だと考えたからでした。
息子は、中学入学後も定期試験のたびに先生のところに伺って、試験対策もしてもらっていました。
そんないい関係が保てているのも、個別指導塾だからです。

でも、先生に対して 「安心」 と同時に 「甘え」 が出てきているのも感じていて、そこだけでいいのかなぁ~と、親である私が考え始めていたのです。
そこで、かねてから 「ここは絶対に面白い!」 と気になっていた塾の話をしてみたところ、パンフレットを自分の部屋に持ち込んでじっくり読んでいるではありませんか。
「体験授業があるけど、行ってみる?」 と声をかけてみると、「あ、うん、行きたい!」 と即答したので早速予約をしたというわけです。

親の参加はウェルカムだったので保護者席で一緒に受講したその授業、まぁ、面白いのなんのって!!!
親は、 “どんな授業をするのか” を見学しに行くものだと思いますが、私は自分が中学生になったように授業を楽しみ、問題を解き、──に夢中になっていました。(^^;

一言で言うと、先生たちは全員 「数学オタク」 ですね。 (笑)

数学の教師というより、数学が好きで好きでたまらない 「数学オタク」 が、その魅力を受講生たちに存分に語っている、そんな感じです。
現に、先生は 「このあたりのことはもっと語りた・・・あ、いや、話したいのですが」 と言いなおしたりしていらっしゃいましたし。
これは息子もしっかりチェックしていて 「先生はもっと語りたかったみたいだねえ」 と大笑いしていました。

先生に語られる X や Y には、命が吹き込まれてしまいます。
公式を書いて 「はい、覚えましょう」 ではなく、その公式のロジックをいろんな角度から検証して、みんなが 「あー、なるほど、そーいう意味だったのかぁ~、ふーん、ナットク!」 と思える授業、想像できますか??

ガンダムが大好きな男の子がガンダムのキャラを語るように、ジャニーズ大好きな女の子がジャニーズのタレントたちを語るように、先生は数学の公式を語るのです。
ガンダムやジャニーズに興味がなかった子でも、ふと興味がわきそうな言葉が語られますよね、まさにそんな感じです。

右脳は発想力と思考力、左脳は計算力と言語力をつかさどると言われていますが、よくよく考えてみたら私は普段 「左脳の計算力」 だけはほとんど使っていませんでした。
計算に飢えていた左脳が受けた久々の刺激が、あまりにも面白いオタッキーな授業だったので、夢中になってしまったわけです。 見学だけのつもりだった親なのに!(苦笑)

息子も 「絶対に行く、この授業と、この授業と」 と目を輝かせていました。
中学の数学の入り口で、こんな面白い授業が聞けていたら、きっと数学大好き!になっていただろう、と言ったくらいです。
(そのため、娘にも春季講習会だけは行かせることにしました、数学の授業に入る前に♪)

通常は、学習塾のフォローを個別指導でと考えられるご家庭が多いと思います。
でも、逆もアリだと、今回の授業を受けて目からウロコでした。

面倒見のいい、慣れ親しんだ、安心して相談できる個別指導塾の先生にきっちりときめ細かな指導をしていただきつつ、学習塾で興味と刺激を与えてもらう。
それが可能な学習塾 (それも子どもに合った) が見つかれば、塾のダブルスクールをする場合、個別指導塾をメインにする方法もイケルのではないかと、実感した私です。

個別指導のマンツーマン体制で興味と刺激を与え続けられたら、飽きたり嫌になったりしてしまいます。
その子その子への普段の対応は、お母さんのお味噌汁や煮物と一緒、好き嫌いやバランスを考えて毎日でも飽きないスタイルにより積み重ねていくことができる個別指導で。
そして、フランス料理のフルコースだったり、タイ料理のスパイシーな刺激だったり、そういうスペシャルなものこそ、個別ではなく大勢 (=学習塾) で楽しんでしまう。

私立中でのんびり過ごしてきた息子の高校受験に残された時間は1年を切りました。
彼の受験体制は普通の逆、「個別指導塾に足りないフォロー (=刺激) を学習塾で」 というスタイルで行くことになりそうです。
吉と出るか否かは、来年の今頃ご報告できるでしょう!!

P.S. でも、私も一緒に受けたいな、あの授業。(爆)

投稿者 美朝 : 12:30

2005年07月06日

息子の選択

中学2年の息子、期末試験に突入しました。
「自分で何とかする」と豪語して、試験の終わったあとにみんなで残って自主勉強をしていたにもかかわらず、成績が思うようにいかなかったどころか最悪だった中間試験、期末はどうするのか???と思いきや。。。

「ママ、先生のところに “行く” って電話しといて!」と突然言い始めました。
自分でやることの限界を感じたのか、試験対策のコツがイマイチ把握し切れていないことを自覚したのかは定かではありませんが、とにかく、小学校の時にお世話になっていた塾の先生に「行くと伝えて」ということだったのです。

そりゃそーだろう、とわたしは思いました。だって、彼にしては、この間の中間試験は史上最悪の成績だったのですから。(笑)

個別指導塾って、こういうときに便利だなぁ~と思いました。
先生も、小学校のときに何年も見ていただいたので、息子の性格やクセをわかっています。
教科書や、試験範囲の問題集&プリントを持っていけば、先生は見事に対応してくれるのです。
もしも、中学受験の際に集団塾に行っていたとしたら、かなわなかったフォローだなぁ~と、今更ながら実感。

個別指導で、なおかつ、一人一人に子どもの素養をしっかり見抜こうと一生懸命になってくれる先生に出会えたら、とても幸せだと思っている今日この頃です。

期末は、しっかり成績とってよね、お願い!!>息子

投稿者 美朝 : 00:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月17日

春期講習会、その後

新学期も始まり、給食が始まって「ほっ」としている早知です。
娘の個別指導塾通いですが、勉強を教わりに行っているのかしら、それとも中学生のお姉さんに会いに言っているのかしら、と考えてしまうほど、帰宅してから出てくるのはお姉さんの話ばかりです。(笑)
それほど、一人娘にとっては嬉しいことだったのでしょう。

個別指導塾って、集団塾と比べて個々の面倒をよく見てくれるし、相性のいい先生も選べそうでいいな・・・と、そんな程度の認識しかありませんでした。それに、1人の先生に2人でお世話になる場合は、同じ学年なのだろうと勝手に決め付けていました。

中学生と一緒なのを何より喜んだのは、先週も書きましたが娘でした。彼女も一人っ子だそうで、お互いに姉妹のように楽しく学んでいると先生から伺いました。
大手の進学塾に通っていた30年近く前、あの時に親しくなった友人とは今も連絡を取っています。そう考えると、もしかすると大人になっても姉妹のように仲良くしていられるかも。
そう考えると、今回の塾代は学習面だけでなく、彼女の人生にも一役買ったようで、何だか嬉しくなります。

集団学習塾の春期講習会に行った娘の親友は、「お友達もできて楽しかったけれど、みんな中学受験を目指しているので、話をあわせるのに大変だった」と話していました。何故か、私立小に通っているとは言えなかったのだそうです。ママにも聞いてみましたが、
「まだ5年生なので本格的な受験勉強ではなかったけれど、でも、やはり中学受験を目指した授業内容。中学受験で入ってくる子はみんなこの勉強をしてくるのだ、と思っても、それに付き合わせるよりも、もっと内部進学生らしい学習方法があるような気がする」
と話していました。新学期は継続せず、しばらく様子を見るそうです。

「内部進学生用の勉強をしてくれる塾があればいいのになあ」と彼女は言っていました。これが、外で学ばせたいと思っている内部進学生の親の本音かもしれませんね。

投稿者 E-JUKU : 20:35 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月07日

嬉しい悲鳴です

私立小の5年生の母、早知です。
最近嬉しいことに同じ悩みを持つお母さんからのメールが増えてきました。
中にはメール交換している友達もできました。どのお母さんも子どものことになると必死です。前回の私の内部進学についてのコラムにも多くのお母さんからメールをいただきました。

全てちゃんと読ませていただいていますが、何分仕事をしながらの身の上、お返事が遅れ気味になっています。
返信をお待ちのみなさま、お許しください&もう少々お待ちください!

さて、娘の春期講習の結果です。
塾代にぶつぶつ言いながらも春期講習に通わせたことは、一人娘のために甘やかされて育った娘にとって、とてもプラスになったみたいです。
家からも近く、普段通学に使っている駅のそばだったため道中を心配しなくてすみましたし、何よりも娘が嬉々として通っていました。個別指導塾だったのですが、娘と中学生の女の子と同時に見てもらって、その中学生の女の子とも仲良しになり色々と勉強のヒントももらえたみたいです。
兄弟のいない娘にとっては、勉強よりも「お姉さんができたみたい♪」が一番嬉しかったのでしょうね。(笑)

「うちの子流」もちゃんとくんでくださり、娘のペースで勉強できたことで娘も自信を持ったみたいです。もともとそんなに成績は悪い方ではなく、自己流ではありますがそれなりの評価を取っていましたが、勉強への取り組み方はかなり先生の影響を受けたようです。

一斉に授業をする大手の進学塾よりも、内部進学という明確な目的がある娘にとっては、その目的に副ったカリキュラムを用意してもらえたのが何よりの魅力でした。本当は家庭教師をお願いしたい気持ちもありましたけど、私が仕事をしていて日中家に誰もいないだけに、どなたかに来ていただくことに不安があってどうしても踏み切れませんでした。
今の個別指導塾は、場所が自宅じゃないだけでまるで家庭教師みたいと本人は言っていました。
やっぱりその子に応じたスタイルで勉強させるのが一番いいみたいですね。
うちの娘はそのまま個別指導塾に通うことになりました。お財布は厳しいですけれど・・・。

娘と一番の仲良しの子は集団塾の春期講習に通ったみたいですので、早速皆さんのためにもレポートしたいと思っています。とは言うものの仕事しながらですので、少し時間をくださ~い。

投稿者 E-JUKU : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月16日

春期講習会、新学期指導、模試

春期講習会、新学期指導、模試・・・って、一体何というタイトルでしょう!(美朝@苦笑)
昨日もDMの話をしましたが、DMと言えばここ一ヶ月ほど学習塾や通信講座から届く郵便の多いこと多いこと。それらは全て、タイトルに挙げた “春期講習会”, “新学期指導”,“模試(判定テスト)” のご案内です。
新学期を目の前にして、学習塾や通信講座の運営側としては、「今送らなければいつ送る!」なのでしょう。これは、東京近辺だけの傾向ではないと思います。

4月から小6になる娘への案内はうなぎのぼりで、中1の息子をはるかに越えています。
学習塾のカリキュラムが急激にハードになるのもこの時期。同じ塾に通っていても、小5の時の倍以上も授業料がかかってしまう塾もそれほど珍しくはありません。
週5日のフルコースになってしまった娘の親友親子は「塾の宿題が多すぎて」と悩んでいますし、春期講習会を目前に、学習塾から個別指導塾へ転塾した友達も何人もいます。

鉢巻を締めなおして本腰を入れる “最高学年への変り際” であるこの時期に、「春期講習会で新学期から差をつけよう!」というようなキャッチコピーと共に「○時間無料体験実施中」なんておいしい言葉を見つけると、ふと、目が行ってしまいます。
それは、DMや広告だけではなく、塾のWebサイトであっても同じこと。「近くにあるから、春休みの時期に体験学習だけでも・・・」と思うのは、親心なのか、はたまたお財布事情なのか。(^^;

#最近は、DMが来てもWebで調べなおすクセがついてしまいました。
  だって、Webのほうが詳しいんですもん!(職業柄でしょうか)

ただでさえ、学校と塾との授業内容がずれていて二重学習をしている子どもたち。新学期が始まってから慌てて転塾をするのは、あまり好ましいことではないようにも思えます。せめて、4月中には見極めたいところ。
であれば、やっぱり春休みのうちに、春期講習会や無料体験などを利用して「ここは!」と気になった塾に通ってみて、子どもに合った塾を選んであげたほうがいいのかもしれませんね。

東京の中学受験生なら誰もが知っている「合不合判定テスト」と「首都圏模試」が、それぞれ来月10日と17日にあります。春期講習会の成果がこの模試に現れれば、親は単純ですから「やっぱりこの塾向いてたのかも」とか「集団より個別のほうがこの子は伸びるみたい」なんて思ったりします。GW明けからは、そっちの塾に変えようかとか。(^^)

塾の「春期講習会大作戦」や「新学期スタート作戦」にまんまとひっかかってしまうようで悔しいのですが、新6年生、新中3・高3の子どもを持つ親としてはやっぱり「選び時」なのかもしれませんね。

来年2月の受験生を抱えるみなさん、一緒に頑張りましょう!
まずは、春期講習会かな。。。(笑)

投稿者 : 16:55 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月04日

ピザをご馳走さま!

本業が忙しくて、リンク集の更新になかなか時間が避けなくてごめんなさーい!の飛田です。
年度末ということもあり、とにかく忙しいんです。こういう時に娘二人って便利ですね。食事も勝手に作って勝手に食べて・・・この時期は毎年、母親失格です。

ちょうど二人とも期末試験の真っ最中なのですが、下の娘は学校の帰りに直接個別指導の教室へ直行し、翌日の試験勉強を見ていただいているようです。
仲良しのお嬢さんと一緒に娘が通い詰めているのは、個人の先生が開いている個別指導塾。先生との相性がいいのでしょう、何かあるとすぐに先生に電話して「明日は大丈夫だって言うから、帰りに寄ってくるねー」と勝手に追加してくれます。おかげさまで試験月の塾代はうなぎのぼりです。(T_T)

昨日、帰宅するなり「おいしかったよー、先生にピザ、ご馳走になっちゃったあ。」と言うではありませんか。ビックリして事情を聞くと、勉強の真っ最中におなかが減りすぎて我慢できなくなった時、先生のお腹がぐ~っと鳴ったのだそうです。娘たちも「お腹すいたァ~」と。
普段は、教室のすぐ真横にあるコンビニに何かを買いに行くところなのですが、先生が「今日は桃の節句なのでピザでもご馳走してあげよう!」と注文してくださったのだそうです。
Lサイズのピザを3人で楽しく食べ、また勉強再開。とっても充実した(?)時間だったようです。どうりでいつもより長いと思ってた。(笑)

個人の先生なのでこんなアットホームで和気藹々な時間も過ごせるためか、塾通いが全然ストレスになっていない下の娘。先輩に紹介された先生だったのですが、いい出会いに感謝です。

「あ、ピザ代!」と思ったのですが、自分の頭脳一つでしっかり稼いでいらっしゃる先生、桃の節句のお祝いピザくらいいいですよね。本当にご馳走さまでした。<(_ _)>

投稿者 E-JUKU : 18:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月27日

次の出番

美朝です。
我が家の娘は、今、5年生。6年生の受験が終わり、いよいよ彼女たちの1年が始まります。
それなのに当の本人は、まぁ、なんとノンキなこと!
昨日も、学校から家庭学習をするようと言い渡されている問題集を「6ページも進んだよ~(^-^)」と笑顔で言いながら、教室から出てきました。

「学習課題は家でやってよ、お願いだからぁ」と思ってしまった私。
せっかく塾に行っているのに、挙句に受験まであと1年を切ったというのに、宿題や復習をやっている場合じゃないでしょ?と感じない親はいませんよね。

娘が通っているのは、自宅から15分ほどの個別指導塾。
上の子が5年生で通い出した時、ついでに一緒に行くことにしたというのが始まりです。
まる3年もお世話になっているので、先生も娘の性格や学びのクセなどを、知り尽くしてくださっています。
「学校の勉強でわからないことがあれば、どんどん聞いていいよ」と言われたのをいいことに、難しい問題があると宿題を持ち込むクセがついてしまったようです。

流水算、植木算、鶴亀算が得意になったのは、丁寧にとことんみてくださった個別指導のおかげなのですが、そろそろ中学受験対策をしなければ!!

コマ数をどれくらい増やそうか、どういう指導内容にしてもらおうかなど、私なりにいろいろ考えるところはあります。いずれにせよもう、理・社はあきらめました。(^^;

あれほど「私の頭じゃ無理無理、それにあまり行きたくないしぃ」と言っていた私の母校に、最近「入りたいクラブがあるから受けようかな」と言い始めた娘。
あなたの今の勉強のペースじゃ、必死でやってもあと2年はかかりそうなんだけどなぁ~。(苦笑)
そうだ、過去問題と過去の傾向に沿った応用 “だけ” をとことんやらせようかしら・・・合格さえしてくれたら、あとはどうにでもなるよね!?
な~んて無謀な作戦に出ようとまじめに考えているのですが、そんな要望も受け入れてもらえるのは、個別指導塾だからですよね。(もちろん家庭教師もOKでしょうけれど)

あと1年、ふつつかな娘ですが、よろしくお願いします!!>N先生

投稿者 : 04:25 | コメント (3) | トラックバック