カテゴリー  受験生の気持ち

2006年01月25日

娘の頭痛

「もう、早く試験を受けて終わらせたいなあ・・・」──このところの娘の口癖です。
1月校が第一志望だった友達の合格を聞いて、「いいな」と。
頑張れるのもあと一週間!とばかりに張り切る子もいれば、うちの娘みたいな子もいる。
試験日を目前にした受験生の感覚は、まちまちです。

その娘が、一昨日の夜から 「何だか頭が痛い」 といいはじめました。
それは一晩寝ても治まらず、昨日は学校を休む羽目になってしまいました。
15時からミーティングがるのに、その前に片付けたい仕事があるのに、そうは思っても娘を放りっぱなしにすることはできません。
結局、ミーティングも欠席、終了後の懇親会に慌てて駆けつけて1時間ほど顔を出してトンボ返り。

あと一週間を切っているタイミングの、この寒さ。
受験生の緊張感もピークに達していて、気が緩んだ瞬間、服装や食べ物などにちょっと油断した途端、体調を崩してしまいます。
いくら保健室受験ができるとは言え、空腹で長丁場の塾に行かせることもできず、仕事に没頭できない日々が続き・・・

「早く終わってほしいなあ」は、ママのセリフでもあったりするのですよね。(苦笑)

投稿者 美朝 : 01:52

2006年01月16日

子どもの意思が一番

AKIです、ご無沙汰していました。
娘が私の憧れの中学に通い始めてから、もう8ヶ月。
幸い、娘は学校が大好きで、学力レベルも何とか追いついていっているようで、このまま高校受験もなく学生生活を楽しんでくれるのだろうなあ、と喜んでいます。

昨日、久々にe-jyukuのメンバーが集まって情報交換をしたのですが、美朝さんが急にこんなことを言い出しました。(これって私が書いちゃっていいのかしら?ごめんね!>mito)

「うちの娘ね、私の母校の受験をやめることにしたの。」

お嬢さんは一人だけ、あんなに母娘同窓生を夢見てたのに。
何度も学校に連れて行って、先生たちにもお嬢さんを紹介していたのに。
制服だって30年以上も(あ、失礼!)きれいに取ってあったというのに。

集まったみんなが、驚きました。
沢山の同級生がPTAの役員をやっているから、お嬢さんが中学に入ったら息子さんの学校のPTAを辞めて、役員をするんだ!と張り切っていた彼女なのに。

「娘が行きたい学校って、母校とちょうど同じくらいの歴史のある女子校でね、学校の方針とか校風とかがきっちりと確立されていて揺らぎがないし、いいかなと思って。(^^)」

きっと、そう言っている今でも、心の底には 「母校に行って欲しい」 という気持ちが残っているのでしょう。
ちょっぴり淋しそうな表情をしていたような気がします。
でも、子ども自身が行きたい学校が一番、と、あきらめた。そんな感じでした。

中学から大学まで10年間過ごした母校に通って欲しいという気持ちを持つ親御さんは、決して少なくないと思います。
ましてや、うちの娘の仲良しAちゃんのように、祖母、母、姉、が同じ学校だと、自分だけ 「違う学校に行きたい」 なんて間違っても言い出せない、そんな環境にいるお子さんもいるでしょう。

真の子どもの意思を押し殺さざるをえないような 「周囲の思い」 は、子どもたちの精神衛生上いいわけがありません。
「ダメでもいいから、本当は受けて欲しかった。そしてもしも受かったら行って欲しかった。」 と思いつつ、お嬢さんの行きたい学校をしっかりと見つめ、自分が納得できる “その学校の魅力” を見つけ出して認めてあげた美朝さん、偉いぞ!

これを言いたくて、久しぶりにコラムを書いてみました。
マインドコントロールをしてしまうママも多い中、お子さんの思い、お子さんの希望、お子さんの意思、をちゃんと聞いて、自分の思いを横に置いておいて、一番身近な相談役として冷静に判断してあげることの大切さをあらためて学んだ気がしました。

投稿者 E-JUKU : 02:48

2006年01月10日

受験まで秒読み!

小6の娘、中2の息子、今日から学校が始まります。
地域や学校によって3学期の始まりはまちまちですが、きっと、今日もまだ休みの最中という小中学校はないのでは?と思います。
3学期が始まると、幼稚園受験・小学校受験以外の受験生(=最高学年)にとっては、受験勉強のラストスパートです。

どこの塾も、小6、中3の特別授業などを設け、他の学年よりも力を入れて 「あと少し!」 を応援する体制になっています。
娘も、冬期講習の中日あたりに、1月の土日に行われる特別授業の申込書を持って帰ってきました。

受験生のプレッシャーは、ピークに達します。
上の子の友達親子とカラオケに行こうか、などという話で盛り上がったとしても、「あ、ごめん、忘れてた、受験生がいるんだから2月になってからね」 と必ず誰かが言い始めます。
クリスマスプレゼントやお年玉でゲームが欲しいと言えば 「今はゲームなんてしている場合じゃないでしょう?」 とみんなに言われます。
悔いのないように、精一杯やれるだけのことをできるようにと、周囲は気を利かせてくれるのですが、その一言一言が、さらなるプレッシャーを生んでいることは否めない事実のようです。

日曜日の朝8時から塾なら、土曜日の夜のカラオケは避けたほうが無難。
でも、日曜日の塾が午後からなら、ちょっとくらいのストレス発散はいいのでは?と思っているのですが、そういった私の感覚って、1月だというのに暢気な母親過ぎるのかしら。(笑)

32年前、私が中学を受験した時、前日は教科書も塾のテキストも過去問も開かずに、好きな音楽を聴いてのんびり過ごしました。
もともと暢気な受験生で、あまりアクセクしていなかった私でしたが、「前日に焦ってみても始まらない」 と “何もしない” を決め込みました。
滑り止め校も複数回受験も 「どうせ行くのは一つだけ」 と拒否した私は、たった1回しか受験をしませんでしたが、今年とだぶるような雪の寒い日に、余計な緊張もせず、試験も面接も難なく終えられたのは、余計なストレスやプレッシャーがなかったからなのかもしれません。

「受験前なんだからやめなさいとか、受験生を誘ったらダメとか、あまり言わないでやってくれない?」

私はやんわりと周囲にお願いしているのですが、心がけていてもついつい口から出てしまうのが、この時期なんですよね。(^^;

プレッシャーでつぶれてしまって実力が出せず、望んでいたところではない中学へ行き、そしてまた「高校受験をする」と言っているお子さんが、周囲に幾人もいます。
小学校時代に必死で受験勉強をし、意図しない中学に入って「ここに来たかったんじゃない」と思いながらまた受験勉強をして、高校受験に挑む。
チャレンジ精神は悪くはありませんが、「何のための中学受験だったのだろう」と疑問に感じてしまうのは私だけでしょうか。(我が家の息子もどうすることやら・・・)

「後悔しないよう、悔いのない数週間を過ごそうね」ということ以外のプレッシャーは、子どもの性格にもよるかもしれませんが、決していい結果を生まないと思います。
子どもたちがリラックスして、本当の実力を出せるよう、周囲が親身になって考えてあげる必要がありそうですね。

投稿者 美朝 : 02:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月22日

また受験?

このところ(ってしばらくオサボリ状態でしたが・・・ごめんなさい!)娘の話題だけを書いていましたが、中学受験を無事終え、中学2年になった息子の大親友が学校を辞めることにしたのだそうです。
通学時間や遠距離通学による体力消耗を考えると、近くの公立に通ったほうが受験勉強ができる!
高校受験をしようと決めた彼の、迷った末の決断でした。

友達は好き、先輩も好き、いい先生も多く、何に違和感があるのかは私にはわからないのですが、学校に行くことにあまり前向きではない息子。
中1のGW明けに大事件が起き、そこから何となくギクシャクしてきた息子と学校。
「いってきまーす♪」と家を出て、そのまま学校に行かずに定刻に「ただいまぁ~」と帰ってくることも、数え切れないほどありました。
先生から電話が入るので、私は連絡が取れるまでずっとやきもきしている──そんな日が何日もあり、娘の受験の年だというのに、息子ばかりに気持ちを馳せていた私でした。

2学期の期末試験の試験休み、学校を辞める決意をした大親友が遊びに来て、そのまま泊まって帰りました。
学校のこと、これからのこと、高校進学のこと、延々話をしていたようです。
聞き耳を立てるのも良くないと思って、放っておきました。

その後、息子がぼそっ!と「これからどうするか、決めたんだ、でもまだママには話してないけど」みたいなことを口に出したのです。
目の前で話したということは、タイミングが来たら頭の中をきちんと整理して話してくれるということでしょう。
なので、それ以上追求はしませんでした。

もしかしたら、また高校受験をするつもりなのかしら??

小学校お受験をし、私立の小学校(受験校で系列中学は女子校)に6年間通い、中学受験を経て、大学まで望めばストレートで行ける中学に入学して、「ほっ!」としていたのに。(^^;
こういうサイトを運営していることもあり、外で受験に関する話をしたりもしているため、「机上の空論はありえない」と考えて、息子も娘も小学校・中学校と受験させてきましたが、ここへ来て、自分も経験していない『高校受験』という関門にトライする可能性が出てくるとは、夢にも思いませんでした。

娘と二人「また彼氏と電話?」と苦笑するほど仲の良い大親友が、高校受験のために学校を辞める。
これが大きなきっかけとなって、進路に関して真剣に考え出したのは確かな様子。
どんな道をどう選択するのか、彼の人生、応援してあげようと思っています。

それにしても。
中学受験を経て、望んでいた中学に入学したのに、さまざまな理由で辞める子どもの話を多く聴きます。
また、無遅刻・無欠席で通っていても「辞めて他の高校に行きたい!」と毎日ママともめているお嬢さんも身近にいます。

さまざまな可能性があって、でも、まだ自分自身でも見極めができない小学校6年生。
どの中学を受験するかは、親・塾・先生などの外的要因がかなり影響して決めているはず。
その結果、入ってから自分に向いていないことに気付いたり、背伸びして実力以上の学校に行って周囲は喜んでいるのに自分は日々追いついていくのに苦しんだり、はたまた実力よりレベルの低い学校に入ってしまって周囲に違和感を感じたり、ということも起こったりするわけです。

悩んで悩んで、自分の方向性ややりたいことが少しだけ見えてきた中学2年生。
そういう意味では、高校受験も“アリ”だよなぁ~と思うわけです。

ただ、娘の受験が2月に終わった途端、次の受験生が控えているというのは、親の精神衛生上よろしくないですよねぇ。(苦笑)

投稿者 美朝 : 00:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月26日

現実逃避なのでしょうか

今月から夏服となり、小6の娘はコットンのセーラー服で学校に通っています。
このところの蒸し暑さに、洗わねば!とポケットの中身を出したところ、友達からの 『ナイショMEMO』 が入っていました。
その内容たるや、一昔前の女子高生の会話のようで、目を疑うやら悲しいやら・・・その文面はこうです。

┌───────────────────────
│ヤッホー!
│この前言ってた、学校に服持ってきてランドとかを
│コインロッカーに入れて遊ぶって計画してるんだケド、
│今度の1:30下校の日、どっか行かない??
│(その日のことを「日曜日」って呼んでるよ)
│場所は決まってないけど行きたいよねー。
│お返事ちょーだい☆
│(服とか持ってきてね、金も!)

│もし行かないとしても、マジメな人には言わないでね。
└───────────────────────

お受験を経て私立小学校に入り、また中学受験を目指している娘たち。
塾に行くと言って、塾の友達と途中で待ち合わせしてカラオケに行った子がいるとか、そんな話を娘から聞くたびに 「ママは知ってるんだろうか」 と、ふと気になっていました。
そうしたら、このメモ!!!

これは、女子中学生や高校生の会話ではなく、紛れもない≪小学校6年生の女の子≫の間で交わされたメモなのです。

こんなメモを入れっぱなしで 「制服洗って!」 という我が家の娘は、服を持っていくどころか毎日パンパンの手提げをにらみつけつつ 「何か置いていきたいよー、重いよー」とぼやいています。(苦笑)
娘に聞いてみると、 「あ、それ、○○ちゃんと××ちゃんからもらったの」 とそれだけ。あっけらかんとしたものです。行く気どころか、隠す気もない娘に、笑いながら 「ほっ!」 としたのは言うまでもありません。

二人とも、仕事を持っているママ。午前授業で帰ってきた時には、構ってもらえる状態ではない二人は、日々の塾通いの中でたまったストレスを、こんな形で発散しようとしているのかもしれません。
塾へ行ったことにして、その時間カラオケに行ったという友達も、似たような感覚なのでしょう。

学校の帰りに服を着替えることを何とも思わない理由は、私立小からの帰りに塾に行っているから。
ママが着替えを持ってきて途中で着替えて私服で塾に行く子が多いのです。
そのため、ママが仕事をしている二人は、一旦家に帰って着替えてから一人で塾へ。
友達が途中で着替えてるのも知っているので、特別なことだとは思っていない気がします。

確かに、娘の学校の女の子たちは少々コギャルチックな発想をします。息子が小6の時もそうでした。
でも、塾通いでお腹がすいた時のために!と500円玉を渡し、私服に着替えて塾に行ってらっしゃい!をした結果がこういう発想に至っているのだとしたら、それはどう考えても大人の責任ですよね。

特に小学生くらいだと、塾通いがストレスになっている子も少なくないと思います。
それを、うまく緩和させてあげたり、フォローしてあげたりするのは、やはり、身近な両親のすべきこと。
「うちの子はちゃんと行ってる、偉い偉い、私は楽だわー」 と思っていると、賢い子ほど間違った行動を “悪いことと知りつつ” やるようになってしまうのかもしれません。

受験生の、表面的には見えないストレス、親としてしっかり捕まえてあげないといけないな、と、そう感じました。働くママの一人として、他人事とは思えない事件でした。

それにしてもこのメモ、その子たちのママに伝えるべきか黙っておくべきか・・・・・・(悩)

投稿者 美朝 : 17:57 | コメント (2) | トラックバック

2005年04月24日

模擬試験、花盛り

4月10日:四谷大塚合不合判定予備、4月17日:首都圏統一合判、育伸学力テスト、進研テスト・・・
とまあ、今月から来月にかけては、模擬試験が目白押し。
中学受験生も、高校受験生も、「新学期始まって早々やーねぇ」という感じかもしれません。(笑)

この模擬試験、全国でのランクが出たり、目指す志望校への合格可能性を判定してくれたりするのですが、まだまだ、4月はお気楽なもので、第一志望校が25%未満だったりしても 「どうしよー」 と落ち込んで立ち直れなくなるような子はいない時期です。
ただ、親が 「ほら、行きたいんだったら、もうちょっと頑張らなきゃね」 とハッパをかけるケースは多々見られますが。(苦笑)

かく言う私も、30年ちょっと前、四谷大塚の合不合判定テストを受けました。
計3回受けて、1回目は志望校なんて雲の上、2回目はもっと落ちて。ところが、3回目は、お茶ノ水女子大付属中をはるかに飛び越えるとてつもない成績。
この極端な状態に、対応に苦しんでいる母を尻目に、「これなら、どこでも受かりそうじゃない♪」 と、ひたすら3回目だけがホンモノの実力と過信してルンルン状態の能天気な私だったのを、今でも覚えています。

模擬試験の内容は、志望校の入試問題の傾向とは異なります。
全国の受験生が 「せーの!」 で同じ問題に取り組み、その中でたまたま同じ志望校の子たちを比べて 「あなたは合格率××パーセントね」と決めるだけ。
自分の苦手極まりない問題が出て点数が低かったとしたら、合格率は下がりますが、その手の問題は絶対に出ない志望校なら、心配などないかもしれない。

一律の問題から出る合格率なんて、そんなものです。(場慣れには当然有効ですが!)
そりゃ、とても優秀な成績のお子さんは、常にトップで 「どこでも太鼓判」 なのでしょうけれど。(^^;

テストの点数や合格率で、子どもたちを叱ったり、拍車をかけたりせず、「苦手な問題が露見してよかった」 と思って、間違ったところをやり直してマスターするほうが懸命な時期。
必死になってすべての模試を受けまくり、そのたびにつらい思いをするくらいなら、子どもの気持ちを考えると、秋くらいから受けるほうがいいのかもしれません。

うちの娘(小6)は、今月は全部パス。当人、いたってノンキです。

一回で1500円~5000円ほどする模擬試験、その分おいしいものでも食べていろんなおしゃべりをしてあげるほうが、娘のためになっていいんじゃないかと思ったりしている、娘以上に超ノンキな私だったりします。(^-^)

投稿者 美朝 : 20:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月20日

中学受験、無事終了!

元来文章が苦手な、デザイナーAKIです。(^^;
一人娘の受験戦争が終わり、憧れの女子校の制服を採寸しに行った帰り、「ああ、本当によかったなー」と感じたことがあったので、少し書かせてもらうことにしました。
娘の合格した女子校は、私が昔、行きたかった学校でした。

帰り道、カフェでケーキを食べている時、「今だから話せるんだけどね、お母さんの気持ちが一番のプレッシャーだったの」と娘が急に言い出しました。
小3で塾に通い始めたのですが、その時「お母さんはどんな学校に行きたかったの?」と聞かれたので、憧れていた女子校の話をしたんです。そしてつい、「あなたが行ってくれたら嬉しいな」と言ったような気がします。
学園祭にも毎年連れて行き、資料もたくさん取り寄せて、たった一人の娘だから出来ることなら・・・と思っていたのは本当です。大きな夢を共有しているようで、とっても嬉しかったんです。

でも、それがものすごく大きなプレッシャーになっていたなんて、言われるまで気づきもしませんでした。よくよく考えれば、「不合格だったらどうしよう」という不安がいつも付きまとっていたに違いないとわかるのですが。
「親の心、子知らず」と言いますが、「子どもの心、親知らず」だったのですね。(大反省)

急に心配になって、「本当は他の学校に行きたかった?」と聞いてみました。
娘は、にっこり笑って、「ううん、私もこの学校が一番好きだもん」と言ってくれました。
合格の嬉しさを、再度実感した瞬間でした!

投稿者 E-JUKU : 18:01 | コメント (0) | トラックバック