« 個別指導塾への逆転発想 | メイン | 公立中学初体験 »

2006年04月01日

春季講習会の待ち時間@マクドナルド(笑)

前回のコラム 「個別指導塾への逆転発想 」 に書いた学習塾の春季講習会に、昨日から行き始めた子どもたち二人。
初日の感想が上(兄)と下(妹)の反応が違っていて、結構面白いです。(笑)

新中3の息子は数学2コマ、午前中に基礎コース、午後は応用コースを一気に受けています。
いくら昼食をはさむとは言え、同じ数学なのに全くレベルの違うコースを受けることに 「大丈夫?」 と思ったのですが、そのギャップは想像以上だったようです。
午前中は彼が中2でやってきた内容とあまり差が無いのに対し、午後は高校の数学をやっているとか。
彼はたった一言 「ムズイ!」 と。(爆)
じゃ、イヤなのかと聞いてみると 「ううん、結構面白い。でも、マジ、難しい」 のだそうな。
数学オタクな先生たちが教えてくれるロジックは、彼のパズル脳(笑)をいい具合に刺激してくれるらしく、板書するどころか授業に追いつくだけで必死だという難しい内容も、面白いと感じている様子。

片や、新中1の娘は、中学受験が終わってから算数の授業が数学に変わり、1ヶ月以上数学を教えてもらっていただけに、応用コースにも関わらず 「すっごいカンタン!」 と言います。
ただし、「小学校では なんでそうなるのか を教えてもらわなかったので、途中式を聞かれるとすっごく困る」 ようです。(^^;
あらあら、ロジックを無視した数学を教えてくれていたのね、小学校の先生たち・・・と今頃気づいた私。

で、1学期からどうするかを聞いてみると、息子は 「面白いから来たいなぁ、普通の勉強はN先生(小学校の時からお世話になっている個別指導の先生)に教えてもらって、先取りをココでやりたい」 と言い、娘は 「N先生のところで一緒だった同じ学年の友達が引き続き来るんならN先生のところでいいし、来ないのならココでMちゃん(小学校の時の大親友)と一緒に来たい」 と言い。
上は自分にとっての価値で判断し、下は友達と一緒かどうかで判断する。これって、男の子と女の子の違いだけなのでしょうか。

公立に転入することに決めた息子は、同じく公立に戻った大親友と共に、電話で情報交換をしながら高校受験を目指していろいろ考えている様子。
中学受験が終わって、「もう、大学までココで勉強するんだもーん♪」 というモードの娘とは、意識が違うのかもしれませんね。(だったら別に塾に行かなくてもいいのに!と思う母なのですが/苦笑)

4月からは学習塾と個別指導塾のダブルスクールとは言え、高校受験を目指す学習塾じゃない(大学受験を目指す塾)だけに「大丈夫か?」とは思うのですが、当人が気に入って勉強してくれるのが一番という気もするし、複雑な心境です。

どんなことになるか、また、ここでご報告します!!

投稿者 美朝 : 2006年04月01日 14:07