« 娘の頭痛 | メイン | 個別指導塾への逆転発想 »

2006年03月16日

無事合格、そして

2ヵ月近く空けてしまいました、ごめんなさい。
娘は無事第一志望に合格しました。
ご心配のメールをくださったみなさま、ありがとうございました。

2月1日の夕方、合格証をいただいて帰って来たのですが、試験中のみなさんも多いだろうな・・・と、ちょっぴり気になって書けずにいました。
その後、卒業旅行やら制服採寸やら確定申告やらで、気がついたら3月も半ば!!(苦笑)

娘が単願受験で初日に合格をいただけたのは、たまたま 「どうしても行きたい!」 と願った中学が、少しだけ成績面でゆとりのある学校だったから。
私の母校に何度連れて行って、どれほど先生方にかわいがっていただいても、まったくマインドコントロールされず、「チャレンジ校を受けないの?」 「2日以降でも大丈夫だから、1日はもっと上を狙ってみては?」 などと周囲に言われても、ガン!として曲げなかった頑固な娘だったからです。
一体、誰に似たのでしょう。(笑)

できる子のゆとりでは決してありません。
熱心に頑張っているお子さんたちほど高望みができる成績では、元々ありませんでしたから。(^^;

自分のやりたいこと(あくまでも今現在の思いです)が、中学→高校→大学と、ずっとやり続けられる環境にあるから──というのが、彼女の学校選択の理由でした。
「偏差値や学校名で選ぶのはイヤ」 と、ハッキリと言っていました。だから、冬休みになってもまだ選び続けていました。

1月の最後の学校説明会にあわてて参加し、「やっぱりココがいい」 と決め、他は受けないとまで。
あくまでもマイペースで周囲をやきもきさせましたが、結果オーライ。
娘の仲良しグループのお子さんは、桜蔭だったり、豊島岡だったり、吉祥だったりですが、当人は全然気にも留めていない様子。
そんなできるお友達のママも、「目標がしっかりあって偉いっ!」 と誉めてくれます。
いいお友達母子に恵まれた、幸せな6年間だったなぁ~と、今更ながら。

自分自身の目と意志で選んだ女子中へ、来月から通うことになる娘。
果たして、どんな中高6年間が待っているのでしょうね。これからも応援してあげたいと思います。

投稿者 美朝 : 2006年03月16日 22:18