« 息子の選択 | メイン | 林間学校という行事 »

2005年07月09日

勉強したらいいのに(笑)

息子のクラスメイトのお嬢さん、このところママへの反抗がひどくて、連日帰宅時間が遅いらしい。
結果、成績も見事に下がり放題、これじゃいけないと知り合いに家庭教師を頼んだそうです。

仲の良い(というか子分みたいな?/笑)男子の友達を引っぱりまわしているとかで、ママは怒るのも疲れ果てたとか。
私はつい 「え、でも女の子一人でフラフラするより危険度が減るじゃない、案外賢いかも」 なーんて言ってしまったのですが、ママは 「そうは言っても、相手のお子さんたちに申し訳なくて」 と。
まぁ、そりゃあそうですけれどね。(^^;

そして、お嬢さんの取った行動は・・・
何と、家庭教師の先生のところに行くのにも男子の友達数人を連れて行ったそうなのです。
本当にボディーガードみたい!(笑)

先生が 「一緒に来たんなら勉強していくか?」 と聞いたらしいのですが、男の子たちは 「いいえ、いいです」 と断ったんですって。
「勉強する気がないなら、部屋に入るな」 といわれて、部屋の外でずっと遊んでいたらしい。

あー、勿体無い。
どうせだったら、一緒に勉強教わっちゃったらいいのに!と思うのは、大人の感覚でしょうけれど、試験前だったりしたら 「ラッキー☆」 とか思わないのでしょうか、イマドキの子たちって。

うーん、息子の年齢の子達の行動なのに、やっぱりよくわかりません。
悩み多き年頃は、子どもたちじゃなくて、私たち親のほうなのかも・・・。(苦笑)

投稿者 美朝 : 2005年07月09日 16:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-jukuerabi.net/blog/mt/mt-tb.cgi/27

コメント