« 春期講習会、その後 | メイン | 無料テストと個人情報 »

2005年04月24日

模擬試験、花盛り

4月10日:四谷大塚合不合判定予備、4月17日:首都圏統一合判、育伸学力テスト、進研テスト・・・
とまあ、今月から来月にかけては、模擬試験が目白押し。
中学受験生も、高校受験生も、「新学期始まって早々やーねぇ」という感じかもしれません。(笑)

この模擬試験、全国でのランクが出たり、目指す志望校への合格可能性を判定してくれたりするのですが、まだまだ、4月はお気楽なもので、第一志望校が25%未満だったりしても 「どうしよー」 と落ち込んで立ち直れなくなるような子はいない時期です。
ただ、親が 「ほら、行きたいんだったら、もうちょっと頑張らなきゃね」 とハッパをかけるケースは多々見られますが。(苦笑)

かく言う私も、30年ちょっと前、四谷大塚の合不合判定テストを受けました。
計3回受けて、1回目は志望校なんて雲の上、2回目はもっと落ちて。ところが、3回目は、お茶ノ水女子大付属中をはるかに飛び越えるとてつもない成績。
この極端な状態に、対応に苦しんでいる母を尻目に、「これなら、どこでも受かりそうじゃない♪」 と、ひたすら3回目だけがホンモノの実力と過信してルンルン状態の能天気な私だったのを、今でも覚えています。

模擬試験の内容は、志望校の入試問題の傾向とは異なります。
全国の受験生が 「せーの!」 で同じ問題に取り組み、その中でたまたま同じ志望校の子たちを比べて 「あなたは合格率××パーセントね」と決めるだけ。
自分の苦手極まりない問題が出て点数が低かったとしたら、合格率は下がりますが、その手の問題は絶対に出ない志望校なら、心配などないかもしれない。

一律の問題から出る合格率なんて、そんなものです。(場慣れには当然有効ですが!)
そりゃ、とても優秀な成績のお子さんは、常にトップで 「どこでも太鼓判」 なのでしょうけれど。(^^;

テストの点数や合格率で、子どもたちを叱ったり、拍車をかけたりせず、「苦手な問題が露見してよかった」 と思って、間違ったところをやり直してマスターするほうが懸命な時期。
必死になってすべての模試を受けまくり、そのたびにつらい思いをするくらいなら、子どもの気持ちを考えると、秋くらいから受けるほうがいいのかもしれません。

うちの娘(小6)は、今月は全部パス。当人、いたってノンキです。

一回で1500円~5000円ほどする模擬試験、その分おいしいものでも食べていろんなおしゃべりをしてあげるほうが、娘のためになっていいんじゃないかと思ったりしている、娘以上に超ノンキな私だったりします。(^-^)

投稿者 美朝 : 2005年04月24日 20:24

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-jukuerabi.net/blog/mt/mt-tb.cgi/20

このリストは、次のエントリーを参照しています: 模擬試験、花盛り:

コメント