« 住民基本台帳の閲覧方法に物申す! | メイン | 内部進学生の勉強 »

2005年03月16日

春期講習会、新学期指導、模試

春期講習会、新学期指導、模試・・・って、一体何というタイトルでしょう!(美朝@苦笑)
昨日もDMの話をしましたが、DMと言えばここ一ヶ月ほど学習塾や通信講座から届く郵便の多いこと多いこと。それらは全て、タイトルに挙げた “春期講習会”, “新学期指導”,“模試(判定テスト)” のご案内です。
新学期を目の前にして、学習塾や通信講座の運営側としては、「今送らなければいつ送る!」なのでしょう。これは、東京近辺だけの傾向ではないと思います。

4月から小6になる娘への案内はうなぎのぼりで、中1の息子をはるかに越えています。
学習塾のカリキュラムが急激にハードになるのもこの時期。同じ塾に通っていても、小5の時の倍以上も授業料がかかってしまう塾もそれほど珍しくはありません。
週5日のフルコースになってしまった娘の親友親子は「塾の宿題が多すぎて」と悩んでいますし、春期講習会を目前に、学習塾から個別指導塾へ転塾した友達も何人もいます。

鉢巻を締めなおして本腰を入れる “最高学年への変り際” であるこの時期に、「春期講習会で新学期から差をつけよう!」というようなキャッチコピーと共に「○時間無料体験実施中」なんておいしい言葉を見つけると、ふと、目が行ってしまいます。
それは、DMや広告だけではなく、塾のWebサイトであっても同じこと。「近くにあるから、春休みの時期に体験学習だけでも・・・」と思うのは、親心なのか、はたまたお財布事情なのか。(^^;

#最近は、DMが来てもWebで調べなおすクセがついてしまいました。
  だって、Webのほうが詳しいんですもん!(職業柄でしょうか)

ただでさえ、学校と塾との授業内容がずれていて二重学習をしている子どもたち。新学期が始まってから慌てて転塾をするのは、あまり好ましいことではないようにも思えます。せめて、4月中には見極めたいところ。
であれば、やっぱり春休みのうちに、春期講習会や無料体験などを利用して「ここは!」と気になった塾に通ってみて、子どもに合った塾を選んであげたほうがいいのかもしれませんね。

東京の中学受験生なら誰もが知っている「合不合判定テスト」と「首都圏模試」が、それぞれ来月10日と17日にあります。春期講習会の成果がこの模試に現れれば、親は単純ですから「やっぱりこの塾向いてたのかも」とか「集団より個別のほうがこの子は伸びるみたい」なんて思ったりします。GW明けからは、そっちの塾に変えようかとか。(^^)

塾の「春期講習会大作戦」や「新学期スタート作戦」にまんまとひっかかってしまうようで悔しいのですが、新6年生、新中3・高3の子どもを持つ親としてはやっぱり「選び時」なのかもしれませんね。

来年2月の受験生を抱えるみなさん、一緒に頑張りましょう!
まずは、春期講習会かな。。。(笑)

投稿者 : 2005年03月16日 16:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.e-jukuerabi.net/blog/mt/mt-tb.cgi/11

コメント