2005年02月の投稿

メイン | 2005年03月 »

2005年02月27日

次の出番

美朝です。
我が家の娘は、今、5年生。6年生の受験が終わり、いよいよ彼女たちの1年が始まります。
それなのに当の本人は、まぁ、なんとノンキなこと!
昨日も、学校から家庭学習をするようと言い渡されている問題集を「6ページも進んだよ~(^-^)」と笑顔で言いながら、教室から出てきました。

「学習課題は家でやってよ、お願いだからぁ」と思ってしまった私。
せっかく塾に行っているのに、挙句に受験まであと1年を切ったというのに、宿題や復習をやっている場合じゃないでしょ?と感じない親はいませんよね。

娘が通っているのは、自宅から15分ほどの個別指導塾。
上の子が5年生で通い出した時、ついでに一緒に行くことにしたというのが始まりです。
まる3年もお世話になっているので、先生も娘の性格や学びのクセなどを、知り尽くしてくださっています。
「学校の勉強でわからないことがあれば、どんどん聞いていいよ」と言われたのをいいことに、難しい問題があると宿題を持ち込むクセがついてしまったようです。

流水算、植木算、鶴亀算が得意になったのは、丁寧にとことんみてくださった個別指導のおかげなのですが、そろそろ中学受験対策をしなければ!!

コマ数をどれくらい増やそうか、どういう指導内容にしてもらおうかなど、私なりにいろいろ考えるところはあります。いずれにせよもう、理・社はあきらめました。(^^;

あれほど「私の頭じゃ無理無理、それにあまり行きたくないしぃ」と言っていた私の母校に、最近「入りたいクラブがあるから受けようかな」と言い始めた娘。
あなたの今の勉強のペースじゃ、必死でやってもあと2年はかかりそうなんだけどなぁ~。(苦笑)
そうだ、過去問題と過去の傾向に沿った応用 “だけ” をとことんやらせようかしら・・・合格さえしてくれたら、あとはどうにでもなるよね!?
な~んて無謀な作戦に出ようとまじめに考えているのですが、そんな要望も受け入れてもらえるのは、個別指導塾だからですよね。(もちろん家庭教師もOKでしょうけれど)

あと1年、ふつつかな娘ですが、よろしくお願いします!!>N先生

投稿者 : 04:25 | コメント (3) | トラックバック

2005年02月20日

中学受験、無事終了!

元来文章が苦手な、デザイナーAKIです。(^^;
一人娘の受験戦争が終わり、憧れの女子校の制服を採寸しに行った帰り、「ああ、本当によかったなー」と感じたことがあったので、少し書かせてもらうことにしました。
娘の合格した女子校は、私が昔、行きたかった学校でした。

帰り道、カフェでケーキを食べている時、「今だから話せるんだけどね、お母さんの気持ちが一番のプレッシャーだったの」と娘が急に言い出しました。
小3で塾に通い始めたのですが、その時「お母さんはどんな学校に行きたかったの?」と聞かれたので、憧れていた女子校の話をしたんです。そしてつい、「あなたが行ってくれたら嬉しいな」と言ったような気がします。
学園祭にも毎年連れて行き、資料もたくさん取り寄せて、たった一人の娘だから出来ることなら・・・と思っていたのは本当です。大きな夢を共有しているようで、とっても嬉しかったんです。

でも、それがものすごく大きなプレッシャーになっていたなんて、言われるまで気づきもしませんでした。よくよく考えれば、「不合格だったらどうしよう」という不安がいつも付きまとっていたに違いないとわかるのですが。
「親の心、子知らず」と言いますが、「子どもの心、親知らず」だったのですね。(大反省)

急に心配になって、「本当は他の学校に行きたかった?」と聞いてみました。
娘は、にっこり笑って、「ううん、私もこの学校が一番好きだもん」と言ってくれました。
合格の嬉しさを、再度実感した瞬間でした!

投稿者 E-JUKU : 18:01 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月19日

ブログ、書いてみようか?

美朝です。
私たちE-JUKUのスタッフは、子どもを育てながら現役で仕事をしています。みんな何とか時間を作っては保護者会に参加し、いろんな情報をゲットしてくるのですが、なかなかサイトに活かす余裕がありません。
何かいい方法はないかとずっと考えていたのですが、「あ、ブログ!」って。

コンテンツにするには打合せも制作も必要ですが、ブログならみんながそのまま書けるじゃないですか。
何で今まで気づかなかったんでしょうねぇ、情けない。(^^;

これでようやく、ゲットした情報を忘れないうちにお伝えすることができます。
やっぱり、情報は旬なうちがいいですもんね。
それに、スタッフがみんなで書けば、更新も安心ですし。(笑)

というわけで、遅ればせながらのブログ・ページ「お母さんたちのコラム」を始めます。
ただ、ココだけは摩由さんのアドバイスなしにそれぞれの感覚で書いていきますので、もしかすると、地域性があったり、学校のカラーがあったり、とにかく 『一般的』 ではないケースも多々でてくるかもしれません。
また、投稿者が複数になるので、文体や表現にばらつきも出てくると思います。

そのあたりをお含みの上、どうぞ末永くお付き合いくださいませ。

投稿者 : 16:11 | コメント (0) | トラックバック